マウスピース矯正・インビザライン

きれいな歯並びの人生と、
そうでない歯並びの人生って
どれだけの違いがあるのだろう??
一度きりの人生なら・・・・・

当クリニックの安心内容

無料矯正相談Web予約はこちら

当クリニックでのインビザラインの価格

インビザライン上下で・・・

1.部分矯正、非抜歯矯正の専門医院

当クリニックは、1ヶ月200人近い矯正相談、毎月、40人~80人の方が新たに矯正治療をスタートされています
アラインテクノロジー社へのインビザラインの発注個数も過去3年で942症例のクリニックです。

当クリニックのインビザラインは、上下のインビザラインにおいて、60万円~となっております。

1月 2月 3月 4月 5月 6月
相談数 221 198 221 185 188 194
検査数 40 59 72 71 56 65
7月 8月 9月 10月 11月 12月
相談数 170 154 150 177 183 198
検査数 59 47 50 56 48 69

2.患者様に満足してもらうためには、どのようなシステムが必要か?

歯科医師が院長1人で運営しているクリニックでは、1日に院長の治療できる患者様の数は限界があります。
当クリニックでは、院長の技術をスタッフに徹底的に教育指導するシステムを導入しております。
患者さまにはご納得頂ける価格で、満足していただける治療ができるよう心がけています。

3.大人数の患者様を受け入れることができる秘密

2.とも関連していますが、歯科医院に限らずどの会社も人件費が経営を圧迫するので、なるべくぎりぎりの人数で経営しようとします。
ぎりぎりの人数で経営してしまうと、スタッフに1人辞められるだけで日常の医院運営が回らなくなってしまいます。

そのため、スタッフに辞められたら困るから、厳しく教育、指導ができないという悪循環になってしまいます。
歯科医院でも、スタッフレベルの低下という悪循環にはまらないようにしなければなりません。

そういう悪循環を回避していくために、当クリニックではゆとりを持った人員で、スタッフ教育には最大限のエネルギーを注いでいます
患者様のために、誠心誠意、頑張れるスタッフで日々仕事が行えるような環境づくりに取り組んでおります。

当クリニックが、これだけ大人数の患者様を受け入れることができるのは、向上心のあるスタッフのおかげです
患者さんが増えてもクレームにつながらないシステムが構築されているからこそ、この価格で多くの患者様にご来院頂いても、きちんとした治療ができているのです。

4.歯科医院全体のレベルアップに貢献していきたい

当クリニックでは、スタッフが患者様のために全力を尽くし、患者様に喜んでもらうことでやりがいを感じ、その結果、患者様は右肩上がりで増えていき、クリニックの規模もどんどん大きくなってきて、そのスケールメリットを社員と患者様に還元していくという良循環が構築されています。
今後とも、歯科医院全体のレベルアップに貢献していきたいと思っています。

▼矯正治療費の詳細はこちらをご覧ください

精密印象の3D光学スキャナーのi-teroを導入しています

I-tero導入しました!!

▼詳しくはこちらから

マウスピース矯正とは

マウスピース矯正とは
マウスピース矯正とは

歯列矯正治療と言えばワイヤーの針金をつけて歯を動かすのが一般的ですが、当クリニックにおいては、ワイヤーを使わないで、透明なマウスピースによる歯の移動により、歯列矯正治療を行うこともできます。 マウスピ ...

続きを見る

無料矯正相談Web予約はこちら

マウスピース矯正のメリット・デメリット

マウスピース矯正・インビザライン

メリット

  • 透明で出立たない
  • 他人から気づかれない
  • しゃべりやすい
  • 取り外しできるので口腔内を衛生的に保てる
  • 痛みが少ない
  • 金属アレルギーの方でも矯正できる

デメリット

  • 全てのケースに適応できない
  • 治療期間がワイヤ―より長くなる場合が多い

マウスピース矯正の比較

マウスピース矯正の比較
マウスピース矯正の比較

マウスピース矯正の種類 今現在、マウスピース矯正を大別すると2種類に分けられます。1つはインビザラインで、もう1つはクリアアライナー、アソアライナー等です。 簡単に説明しますと、クリアアライナー、アソ ...

続きを見る

インビザラインシステムについて

インビザラインシステムについて

▼インビザラインシステムについてはこちらから

インビザライン矯正の流れ

インビザライン矯正の流れ1

▼インビザライン矯正の流れはこちらから

マウスピース矯正Q&A

Q、マウスピースとワイヤーでの歯の動きは何か違いがあるのでしょうか?

Ans、
歯のねじれを取っていく時には、24時間装着しているワイヤーの方が動きが早いですが、歯を中に入れていったり、微妙な歯の動きをさせる場合にはマウスピースの方が優れています。

上顎装着例(正面)

下顎装着例(正面と上から)

-マウスピース矯正・インビザライン

Copyright© 気になる部分だけ治す部分矯正 , 2020 All Rights Reserved.

無料矯正相談Web予約 資料請求&小冊子お申し込み オンラインでの矯正相談 画像でのメール相談 メールでのお問い合わせ